2005年09月29日

阪神優勝に寄せて(雑感)

いやいや、一時はどうなるかと思ったけど、阪神優勝しました。
ファンの方、おめでとうございます(^^)

でも、あれですね。
今年は「勝つべくして勝った」という感じですよね。
「ダメ虎」などと言われてストーブリーグのお家騒動だけがネタになっていた頃を思うと隔世の感があります。

野球評論家じゃないからそんなに無責任なこともいえないけど、組織が変わるには長い時間がかかると思うんですよね。

例えスター選手を強引に集めて来たって集団競技ですもの。「チーム」として有効に機能し、現場だけじゃなくフロントも含めた「勝てる集団」に成長するには、ある程度長い目で見て投資をしていく必要があるでしょう。

ある球団(お分かりと思いますが(^^; )の新任監督が一年でサヨナラすることになりました。出来たばっかりの球団です。そもそも「戦力」なんて無いに等しいんです。選手を育てつつ、目の前の試合をひたすら戦い抜いていかなくちゃなりませんでした。

結果はぶっちぎりの最下位...でもこれも「想定内」じゃないでしょうか?それで簡単にクビ切られてたんじゃ、監督のなり手なんかいなくなるんじゃないの?と思いましたが、これも某大御所が三願の礼で迎えられるとか(;^^A

僕も以前端っこにいた、いわゆるIT業界だと「ドッグイヤー」とか「走りながら考える」なんて言葉もあってとにかく「スピード」を重視する向きもあるんですが、まあ相手は人間ですからねえ。育つには時間がかかるんですよ、人間って。

----------------------------------------------------------------------------------

キャノンの業績が非常に好調であるというのは、まあ経済面などでよく出てくる話ですが(カメラも売れてるみたいでつね)その秘密は何か?

・・・って大げさですけど、僕のお友達から聞いた話では、やっぱりハードワークなのは間違いないそうです。でも、会社から出てきて駅に向かう社員の人たちの顔が充実感で輝いて見えるとか。

もちろん業績が好調なのもあるでしょうけど、人を大事にする昔ながらの家族主義的な雰囲気があるそうですね。人づての話ばかりで恐縮ですが、社内結婚の率も高いとか。もし「いつかやめてやる!」なんて社員ばかりじゃ自分の伴侶を社内で探そうなんて思いませんよね(^^;

まあ、僕も20年近くサラリーマンとしてやってきたわけなので、中に入ればいろいろあるのは十分承知の上ですが、それでもあまり悪い評判って聞かないですよ、ええ。

なんか話の結び付け方が強引かもしれませんが「いつクビになるやらわからんわのう...」と思いながらじゃ人間持てる能力をフルに発揮できないんじゃないか、と思うんですよ。まあ、それで必死になる部分もスポーツの世界はあると思うんですけどね。


野球って「おらが町のチーム」って感情移入してくれるファンがいてこそ興行もなりたつと思います。オーナー企業の方々もおわかりとは思いますが、世間の声にもアンテナを張って時には謙虚に受け止めて、ファンとともにチームを成長させて行って下さいネ。



今日は全くblogのテーマに関係ない話で恐縮ですが、これにて失礼します。
posted by ろでむ at 23:47| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今更ですが、拝読させて頂きました。
今思えば、阪神優勝の頃、丁度mixiを始めたので、ろでむしゃんのこと知らなかったんですよね〜。何を隠そう、阪神ファン(あんど野球ファン)ですので、興味深く拝読させて頂きました!
いろんな意味でタメになるコラム(!?)でした。
Posted by とぱーず at 2005年12月10日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7498322

この記事へのトラックバック

阪神リーグ優勝
Excerpt: 29日に阪神タイガースが2年ぶりのリーグ優勝をし 藤川の登板新記録のオマケ付きで進出を決めた 日本シリーズではホークス・ロッテ・ライオンズの内 どこがプレーオフで勝ち上がってくるか分からない..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-30 06:55