2006年05月14日

♪あなたとコンビニ

どもども(^^)

今日は軽めの話題で(いつもが重いわけじゃないけど^^;)

都会の一人暮らしといえばコンビニ。いつもお世話になってます。

今日の日経新聞(5/14)の書評欄でセブン−イレブン 覇者の奥義という題名のまるで北斗神拳みたいなタイトル(笑)の本が紹介されていました。

ちょっとだけ引用させてもらいます。

---------------------------------------------------------------------

 創生期の話。店舗経営者の家族に不幸が起きた。まだ無名の同社とフランチャイズ契約を結んでくれた加盟店主は身内も同然。通夜にかけつけようとする幹部にトップの鈴木敏文氏は待ったをかける。
「店舗数が拡大すれば、すべての冠婚葬祭に平等な対応はできない」その時に備え、合理的なルールを今のうちから作ろうと考えたのだ。

---------------------------------------------------------------------

代表的なエピソードとして紹介されていますが、いやー...正直ここまで徹しきることができたから、創業以来三十年以上増収増益、という成果を残せたのだろうか、とも思いますし、「自分が社長ならどうしたかな...」なんてことを考えさせられました(UU)

あと紹介されているのは「コンビニ転換前の品揃えを残したい、という加盟店の声に耳は傾けない」「弁当、惣菜メーカーに出資はしない。不祥事や消費者の嗜好の変化があったとき、すぐ取引を打ち切れる」などで、書評を読んでるだけで「へー、ほー、はー」となっちゃいます。いつものあの店がそんなメカニズムになっているとはねー。

記事のまとめは

---------------------------------------------------------------------

 消費者の立場に立つことをうたった数多くの他社と鈴木セブンを分けたのは、時に非情にも映るこうした原理原則の徹底と合理性への希求であることを読み取ることができる。

---------------------------------------------------------------------

と結ばれています。

まだ、この本読んでないので僕自身の感想みたいなものはないんですが、最近特に地方の商店街が「シャッター通り」と呼ばれるような現状で、繁盛してるのはコンビニばかりとも聞きます。というか、そもそもこんな合理的な戦略を前にしたとき「商店街」というものが無くなっていくのではなんてことも考えちゃいますねー。

うちの近所はちなみに「商店街」のなごりはありますが、やっぱりコンビニと100均とドラッグストアの影に隠れちゃってますね。なんとなくそれもさびしいな、と思っちゃいました。

じゃ、そゆことで(^^)ノマタネー
posted by ろでむ at 21:01| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも、ついついコンビニの明かりに吸い寄せられてしまうわたしです^^;;
どうしても、夜遅くなると、コンビニについ入ってしまうのです。
コンビニの戦略にまんまと乗せられている??
Posted by ゆぴ at 2006年05月18日 22:37
いやいや、それを言うなら、私などもどっぷり底なし沼に(爆)

何も無くても寄ってしまい、ついつい無駄な買い物しちゃうのよねえ...Σ(-_- ;))
Posted by ろでむ at 2006年05月18日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック